肉体、精神も辛くなるのがキャッシング!消費者金融も注意

肉体、精神も辛くなるのがキャッシング!消費者金融も注意

キャッシングをしてから精神的に辛くなると感じることはありませんか?

 

 

特に20万円を超えてくるとプレッシャーなどでしんどくなりますよね。

 

 

 

 

こんな経験ありませんか?

 

 

 

「病院でもらったカプセル大の錠剤がのどに残って飲みづらい」
「サプリが大きくて飲みづらい」

 

 

誰でもある経験だと思います。割って飲んでも良いのですが、薬によっては割ってはいけないもの、サプリでは中身がジェル状になっているものもあります。

 

 

TVではお年寄り用の薬を飲みやすくするゼリーがありますね、それも飲みづらい薬を飲みやすくする方法の1つです。実は知られていないもう1つの方法があります。

 

 

 

それは、『顎を引いて飲む』ことです。なぜ飲みやすくなるのか気になると思いますので、簡単に飲み込む時のノドの動きの仕組みと顎を引くことの効果をお話します。

 

 

 

私たちのノドには気管と食道の入口があり、普段は気管の入口だけが開いており食道の入口は閉じています。食べ物や飲み物を飲み込む時のノドの動きは、この気管の入口を閉じて食道の入口を開くように動きます。これは病気でもお年寄りでもない方でも稀に失敗し、『気管に入った』と咳き込む事もあります。ジュースの一気飲みをした時などがそうですね。この中で大切な事が喉仏の動きです。喉仏が上に持ち上がる事で気管を閉じて、食道の入口を開きます。

 

 

ここで1つ行ってみましょう。

 

 

 

「思い切り上を向いて唾を飲んでください」

 

 

いかがですか?飲み込む為に力を入れなければならなかったのではないでしょうか?

 

 

 

喉仏は上を向くと持ち上がりづらく、顎を引くと持ち上がりやすくなります。つまり、顎を引くとそれだけ食道の入口が開きやすくなり物を飲み込みやすくなります。

 

 

 

大きな錠剤やサプリを飲む時には@水を1口飲んで口とノドを濡らす、A錠剤やサプリを口に入れる、B水を1口含む、C顎を引いて飲み込む。

 

 

 

この方法でノドに残りにくくなります。ぜひお試し下さい。

 

 

節約生活で生活にメリハリ

 

 

私が一番最初に就職したところは夜勤のある職場だったため、

 

 

正直、そのころ20代前半だったにもかかわらずお給料もそれなりに貰っていたこと、勤務状況も休みもかなり不規則だったということもあって、

 

 

ひとり暮らしにもかかわらず自炊もほとんどせずに食べるものはコンビニやファーストフードなどで買ったものでほぼ済ませていたし、

 

 

 

まとまった休みを貰ったときにはこの時ばかりと海外旅行に行って、ストレス発散と言ってはブランドのバッグなど買いまくっていました。でも月日が経過して、体調を崩してしまったこともあったのですが、夜勤が負担になって夜勤のない職場に転職することになりました。

 

 

 

夜勤がないということは当然のことながら、夜勤手当などがなくなってしまうため、お給料もそれまでよりもぐっと減ってしまいました。

 

 

 

今までのようなお金の使い方は出来なくなってしまいました。そこから私の節約生活が始まりました。今までよりもかなり時間に余裕が出来たこともあって、自炊生活を開始しました。今までのようにコンビニは利用することはほとんどなくなり、スーパーを大いに活用するようになりました。

 

 

 

朝起きて夜寝るといった当たり前の生活、自炊をしてある程度食生活のバランスも良くなり、メリハリのある生活のリズムを作ることが出来ました。

 

 

 

そして、何よりもお金の大切さをしみじみと感じるようになりました。現在も節約生活は持続していますが、自分が苦しくなるほどギリギリな節約生活ではなく、占めるときはきっちり占めて、たまにはちょっとした贅沢を楽しむといったやり方です。お金は大切だし、節約も貯蓄ももちろん大切です。

 

 

 

でも、たまには楽しみがないと継続していくことは難しいと思います。これからもバランスを考えて楽しい節約生活を続けて行きたいです。

 

 

 

消費者金融からお金を借りている人は何から行うべきか?

 

 

節約は最初に行っていくべきですが、次の段階で収入を上げる為の施策をする必要があります。

 

 

なぜなら収入を上げない限りはお金に困り続ける生活が必要になるからです。

 

 

 

http://xn--eckp2gs14mdmb9y2akq4a3dh3m3eofe.com/

 

 

借金を返せなくなったタイミングでは確実に必要な情報を得ていくことが必要でしょう。