浪費癖のあった私が未来家計簿で30万円貯金

浪費癖のあった私が未来家計簿で30万円貯金

私は以前給料の分使い切ることを得意としていました。
しかし、ある日友人にそれは自慢にならないといわれて気が付きました。

 

 

そして、将来のために貯金する意味でも無駄遣いをしないように心がけました。

 

 

具体的に行った方法は、未来家計簿をつけることでした。
家計簿には1ヶ月分の収入と出費を書く項目と1週間分の出費を書く項目と1日の支出を書く項目を作ります。

 

 

そうした上で、家賃や光熱費など必ず支出しなければならない項目と、衣服や交友費など必要になる支出だけれど、金額を抑えることが出来る項目、そして、つい食べてしまいたくなるおやつや飲み物のように、あればいいけれど無理して買う必要がなかったり、代わりの物で代えられたり出来る項目などに項目分けをして、それぞれの項目に出費を入れていきます。

 

 

 

具体的には、まず月の項目には収入の金額を書き、支出には1ヶ月分の予定される支出を書きます。

 

 

支出はどうしても払わなければならない項目から書いていって、食費のように金額を抑えることができる項目や無理をして支出する必要のない項目の金額を調整しながら、貯金が出来るように収入に対して支出を少なく見積もっていきます。

 

 

 

例えば同じ食品を買うにしても安いお店で買うとか、飲み物もミネラルウォーターに代えるなどをして金額を抑えていきます。

 

 

そして、光熱費が何時支払われるかなどの支出のタイムスケジョールを決めて、それを素に一週間の予定を決めていきます。

 

 

 

そして、最後に今日何を行い何処に行くかに合わせて、細かく出費項目を書き出してそれに支払う金額を決めていき、一日が終了するタイミングで実際に支払った金額を併記して、予定に対してどれくらい使ったかが分かるようにします。

 

 

このようにすることで、私は1年で30万円ほど貯金することができました。

 

 

 

逆にいえばそれかけ無駄遣いをしていたことに気がついたので、この方法は私のような人にはお勧めの方法になります。